インフォームド・コンセント

診察に際して、患者さんの自己決定権を大切に考え、治療方法の選択肢と結果予想をお話しています。

内容は病状によって違いますが、患者さんにとって不都合な内容を重点的にお話しする事が、インフォームド・コンセントだとお考え下さい。

つまり、出来ない、失る、再発する、時間が掛かる、後遺症が残る、高額である、等が主な内容に成ります。残念な事ですが、歯科医療は全能では有りません。

その為、私は、最善の行為をお約束致しますが、最高の結果まで保証は出来ません。インフォームド・コンセントは、決して患者さんの期待されている、都合の良い話をする事では無いと、ご理解を頂ければ幸いです。
治療方法選択の基本は、『最善の治療方法は、人によって違うものだ。』と、私は考えています。
患者さんと私が、情報を共有する事で、初めて成功する治療も有ります。

その為、患者さんの価値観に基づく治療法の選択が、どの様な結果をもたらすかを、ご説明させて頂きたいと思います。

どうか、選択肢の有る内に、ご来院下さい。出来れば予防という選択肢の有る内に・・・。