AED設置しています 田中歯科医院

突然の心停止! でもご安心下さい 素吸入器 人口呼吸器 AEDを設置しています

心臓突然死の主な原因に、心筋の動きがバラバラになり、心臓のポンプ機能が失われる心室細動があります。lifepak
心室細動発生から1分ごとに救命率が7~10%下がるといわれ、いかに早く救命処置をするかが生死を分けることになります。
強い電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去する電気的除細動は、最も効果的な方法だといわれています。
この電気的除細動を自動的に行うのがAEDです。

2004年7月から、救命のためであれば一般市民も使えるようになりました。
AEDの操作は驚くほど簡単です。
音声ガイダンスに従って、電極を傷病者の胸部へ張付け、解析結果に基づいて適報ボタンを押すだけですみ、操作に高度な専門知識を全く必要としません。

倒れている人を見たら!

 1・ゆすって呼びかける 
crp01_i・肩をたたくなどして声を掛ける。
・返事があれば安心することばをかける。
・119番に通報する。
・AED(自動体外式除細動器)を持ってくるよう依頼する。

 2・呼吸の有無を調べる 
crp02a・あご先を引き上げ頭を後ろにそらせる
・ほおを相手の口と鼻に近づける。
・吐く息がほおに感じるか、呼吸音が聞こえるか、また同時に胸と腹が動くかを10秒以内でみる。


crp02b・呼吸がなかったらすぐ人工呼吸
・鼻をつまむ。静かに2回息を吹き込む。
・1回の吹き込み時間は2秒とする


 3・脈拍の確認 
crp03a・脈拍を確認する。
・確認できなければ出来る限り早急にAEDの準備をする。


crp03b・AEDが準備できるまで、CRPを続けます。
・15対2の割合で胸骨圧迫の心臓マッサージと人工呼吸を繰り返します。


 4・AED操作 
crp04a一分一秒を争う、心臓突然死には、速やかな電気ショック治療(除細動)が、必要です。
2004年7月1日から、一般の人でもAEDが、使えるように、法律が改正されました。
AED(自動体外式除細動器)が、あれば、誰でも速やかな、電気ショック(除細動)が、可能です。

先ず、救急車を呼んで、AEDを使いましょう。

お年寄りだけでなく、若者でも、ゴルフやサッカーなどのスポーツをしていて、急に倒れたり、更にボールが胸に当たって、心震盪に成り、急に倒れる事も有ります。
その原因は、リズミカルな心臓の拍動が、細動(小さく細かく動事)して、心臓が血液を、脳へ送れなく成るからです。そして、意識が無くなり、呼吸が止まるのです。

この場合、出来るだけ早く治さないと、死んでしまいます。
AEDが電気ショックを行ない、制御されたリズムを心臓に与え、規則正しいリズムを、取り戻させてくれるのです。
AEDは電気ショックが必要かどうか、心室細動か心室頻拍かを、自動的に判断して、電気ショックにより、治療してくれます。

心室細動が起こり、意識不明に成った場合、AEDを使う事で、心臓の動きが正常に戻ります。
1分遅れると、救命率が、10%低下すると言われています。
特に、4分以内であれば、助かる割合が、飛躍的に増えてきます。
つまり、1分1秒でも早く対応する事が大切で、普通、救急車を呼べば、到着までに平均6~10分必要ですから、救急車をただ待つだけでは、助かる人も助からなく成るのです。
AEDは、音声ガイドによって誰でも、簡単に操作が出来ます。
いつ、誰の身に起こるか、分からない、心臓突然死を、AEDで防ぎましょう。

①電源を入れる
②バッドを開封する
③電極パッドを傷病者の胸に貼る
※電極パッドを貼る位置は、一枚は右胸上部の鎖骨の下に、もう一枚は左胸脇の下約5~8cmのあばら骨の上に、しっかりと密着させて貼り付けます。。
④音声指示に従って操作してください。
⑤除細動メッセージがあれば通電ボタンを押す。

*AEDを使用することができる傷病者は、8歳以上あるいは体重が25kg以上の場合です