治療費について  田中歯科医院

料金表

A)白い歯の料金表

・残念な事ですが、私達が作った歯は、神様がお創りに成ったものよりも劣っています。
・前歯部も臼歯部も同じ料金です。
・ブリッジの場合は、入れる歯の本数分の料金に成ります。
・インターネット等でお調べの上、お選び下さい。
・サンプルをご確認の上、決定して下さい。
・自由診療の場合は、保証期間は3年間です。
・下記の料金表には、消費税は含まれていません。
1・白い歯の種類

保険診療:レジン前装鋳造冠(白い部分がプラスチックで出来ています。)

*以下a~cは自由診療です。

a:メタル・ボンド(部分被覆):舌側に金属が見える:強度が有る。見た目は保険診療のレジン前装鋳造冠に似ています
b:メタル・ボンド(全部被覆):舌側も殆んどが白い:少し弱い

c:オール・セラミックス(ジルコニア):白いだけでなく、透明感が有ります。メタルボンドの金属を使う部分に、酸化ジルコニア(ZrO2 )を使用しています。

*レジンとは、プラスチックの事です。
*a~cの白い部分は、セラミックスと言う、七宝焼きに似た材料で出来ています。
2・金属の種類
保険診療;ニッケル・クロム;保険の金属です:金属の主成分は、ステンレスと同じです。

*以下、自由診療の金属の種類で、金属アレルギーが出にくい金属組成に成っています。

:トレンド・スパークル;金属の組成が違います。(成分は別途表示)
:スーパー・エクセレント;金属の組成が違います。(成分は別途表示)

*オール・セラミックスには、金属代は不必要ですが、ジルコニア代が含まれています。また、無髄歯の場合、ファイバー・コア代が含まれています。
*オールセラミックス(下記、ハイブリッド・セラミックス・インレー)の場合、金属アレルギーの心配は有りません。
*無髄歯とは、神経を抜いた歯の事です。無髄歯の根は、割れ易く成っていますので、抜いた所に、柱が必要です。

 

3・合計金額

保険診療:レジン前装鋳造冠;6,800円(ただし、医療費総額は、22,670円です)

・a × 甲 = 45,000円
・a × 乙 = 50,000円
・b × 甲 = 55,000円
・b × 乙 = 60,000円
・c × 有髄歯 = 90,000円
・c × 無髄歯 = 95,000円

・d;ハイブリッド・セラミックス・インレーは、25,000円です。

B)インレー ~小さい虫歯の場合のつめもの~

【 ゴールド 】

wps_clip_image-127特徴:
・つめ物と歯とのすき間が最も少くなくできるため、すき間からの虫歯ができにくくなります。
・硬さも天然の歯に近くさびないため長期に安定します。
・金属アレルギーが起こりにくく安全です。
費用: 35,000円 (税込み37,800円)

【 ホワイトゴールド 】
wps_clip_image-337特徴:
・特徴はゴールドと同様です。
・金属なので自然感に劣りますが、シルバー合金やゴールドよりも目立ちません。
費用: 40,000円 (税込み43,200円)

 

【 ハイブリッド・セラミックス・インレー 】
wps_clip_image-519特徴:
・セラミックとプラスチックを混ぜて、よりセラミックに近づけているため、審美性に優れています。
・かむ力の強い方や、かたい物を食べるのが好きな方では、劣化が早まります。
費用: 25,000円 (税込み27,000円)

 

【 メタル・ボンド(セラミック) 】
wps_clip_image-729特徴:
・色調表現が多彩で、天然の歯により近い表現が可能となるため、審美性が最も優れています。
・汚れがつきにくく、お手入れが楽で、変色しません。
・金属を全く使用していないため、身体への悪い影響がありません。
費用: 45,000~60,000円 (税込み48,600~64,8000円)

 

· 見える所であれば・・・・・・・・見た目の良い「ハイブリッド」がおすすめです。
· 金属アレルギーのある方には・・・金属を使用していない「オールセラミック」がおすすめです
· 奥歯の噛み合わせがきつい方は・・適合性に優れた「ゴールド」がおすすめです。
· 総合的に見ると・・・・・・・・・適合性・耐久性・安全性を優先すれば「ゴールド」、見た目を優先すれば「ハイブリッド」がおすすめです。

C)クラウン(かぶせ物) ~奥歯用~

【 ゴールド 】
wps_clip_image-117特徴:
・かぶせ物と歯とのすき間が最も少なくできるため、すき間からの虫歯ができにくくなります。
・硬さも天然の歯に近くさびないため長期に安定します。
・金属アレルギーが起こりにくく安全です。
費用: 50,000円 (税込み54,000円

【 ホワイトゴールド 】
wps_clip_image-326特徴:
・特徴はゴールドと同様です。
・金属なので自然感に劣りますが、シルバー合金やゴールドより目立ちません。
費用: 60,000円 (税込み64,800円


【 メタル・ボンド(セラミック前装冠) 】
wps_clip_image-507特徴:
・自然な白さが天然の歯に近い色調を再現できます。
・汚れがつきにくく、お手入れが楽で、変色しません。
・耐久性に優れ、歯を失った部分にブリッジとして使用することも可能です。
費用: 45,000~60,000円 (税込み48,600~64,800円)


【 オールセラミック 】
wps_clip_image-727特徴:
・色調表現が多彩で、天然の歯により近い表現が可能となるため、審美性が最も優れています。
・汚れがつきにくく、お手入れが楽で、変色しません。
・金属を全く使用していないため、身体への悪い影響がありません
費用: 90,000または95,000円 (税込み97,200~102,600円)


· 金属アレルギーのある方には・・・金属を使用していない「オールセラミック」がおすすめです。
· 奥歯の噛み合わせがきつい方は・・適合性に優れた「ゴールド」がおすすめです。
· 総合的に見ると・・・・・・・・・見た目・適合性・耐久性・安全性のすべてに優れた「セラミック前装冠」「オールセラミック」がおすすめです。


D)入れ歯の種類(部分義歯)

【 コバルトクロムの部分義歯 】
wps_clip_image-121特徴:
・オーダーメードで設計、製作できるため、装着感のよい義歯ができあがります。
・薄くて(約0.8mm)、熱伝導のよい金属を使用するため、丈夫なだけでなく、温度が伝わりやすく、おいしく食べられます。
費用: 250,000円 (税込み270,000円)


【 チタンの部分義歯 】
wps_clip_image-121特徴:
・チタンは最も生体親和性が高く(人工関節などに利用)、金属アレルギーの心配な方におすすめです。
・他の特徴は、コバルトクロムの部分義歯と同様です。
費用: 300,000円 (税込み324,000円)


【 ノン・クラスプ・デンチャー(歯にかける、金属が有りません 】
wps_clip_image-551特徴:
・やわらかい素材でできており、留め具に金属を使わないため、義歯だと分からないくらい自然に仕上がります。入れ歯だと気付かれたくない方におすすめです。
・強度の必要な部分に金属を併用することもできます。
費用: 350,000円 (税込み378,000円)


* 当医院では行っていませんが、部分義歯が合わない人や、歯をできるだけ削りたくない人には、インプラント治療と言う選択肢もございます。


E)入れ歯の種類(総義歯)

【 コバルトクロムの総義歯 】
wps_clip_image-160特徴:
・オーダーメードで設計、製作できるため、装着感のよい義歯ができあがります。
・薄くて(約0.8mm)、熱伝導のよい金属を使用するため、丈夫なだけでなく、温度が伝わりやすく、おいしく食べられます。
費用: 300,000円 (税込み324,000円)


【 チタンの総義歯 】
wps_clip_image-378特徴:
・金属アレルギーを起こしにくい、コバルトクロム以上に生体にやさしい金属です。また清潔で口臭を抑えられます。
・安全性以外では、コバルトクロムと同様な性質・特徴となります。
費用: 350,000円 (税込み378,000円)


* 金属の総入れ歯は一部保険が適用されるため、上記の費用より安くお作りできます。

* 院長のオススメは「コバルトクロム」です。耐久性、使い易さ等、総合的にバランスのとれた総義歯と言えます。必ず、歯ぐきは痩せて来ますが、痩せ方が少なく、また、痩せ方の大きい部分は、修理可能です。ですから、必ず、半年に一回は、入れ歯の調整に御来院ください。