小児歯科 予防歯科 田中歯科医院

小児歯科・予防歯科

予防歯科って何でしょうか…?

予防歯科とは、ムシ歯などになってからの「治療」ではなく、なる前の「予防」を大切にすることです。
歯のためにも治療の負担を減らすためにも、予防歯科は大変重要です。
子どものころから予防をしていれば、虫歯になることを防げます。
田中歯科医院では虫歯を防ぐ予防歯科に取り組んでいます。

 

フッ素塗布の効果

むし歯になる原因に対して、フッ素塗布は「歯」と「口の中の細菌」に作用して、むし歯になりにくくする効果があるとされています。

シーラント

生えたての永久歯は注意していても虫歯になりやすいものです。
生えたての永久歯を虫歯から守ってくれるのがシーラントです。
歯ブラシでも届きにくい溝を歯を削らないで液体のプラスチックを流し込む方法で、歯を削らずに歯の溝をコーティングするので高い予防効果を期待できます。

乳歯の奥歯は形がぼこぼことしていて歯の溝が複雑です。歯ブラシでは、なかなか汚れを落とし切ることが出来ません。乳歯のうちから虫歯を作らないようにするためにシーラントをすると効果的です。

レジン充填

コンポジットレジン充填とは、虫歯の部分を削った後に虫歯の穴だけを白いレジン(樹脂)で埋める治療です。レジンは歯科治療でとてもよく使用されている材料です。

乳歯冠

乳歯にかぶせる銀歯のことです。虫歯の進行を止め、永久歯の歯並びを守ってくれます。歯の型を取って、装着します。

フッ素による洗口

フッ化物水溶液を用いてブクブクうがいを行い、歯のエナメル質表面にフッ化物を作用させて、虫歯を予防する方法です。永久歯のむし歯予防手段として有効です。

イオン導入

イオン導入装置と呼ばれる機器を使ってフッ素をイオン化させることにより、通常歯に取り込まれにくいフッ素を取り込むことができます。

3DS (Dental Drug Delivery System)

歯の表面についている細菌の膜をクリーニングによって取り除いたあと、抗菌剤の入ったマウスピ-ス歯にはめて虫歯や歯周病を予防する、抗菌剤による新しい虫歯予防法のことです。デンタル・ドラック・デリバリー・システムの略称。

フッ素入り歯磨剤

フッ素入り歯磨剤によりむし歯の発生および進行の予防が認められています。
この歯磨剤は他のフッ化物応用とかさねて使う機会が多くなります。フッ化物歯面塗布との複合によって、歯面塗布のみに比べ乳歯むし歯の減少率が認められています。